2008年08月29日

再びローマへ

アリタリアのマイレージがいつの間にか溜まっていて、ビジネスクラスの航空券に交換した。今回で最後になるかもしれないイタリア旅行は、ローマからティボリ、カステリ・ロマーニをまわり、オスティア・アンティーカに行く計画をたてた。

ローマには98年に勉強に行った。97年にディプロマをもらって卒業したフィレンツェの語学学校とはレベルが格段に違っていた。クラスメートはローマのチェチリア音楽院に留学している人とか、ヨーロッパ各地からブラッシュアップに来るイタリア語の先生たちで、私はほぼビリだったのである。チームで組んで競うので、できない私は白い目で見られて、辛い日々だったなあ。

イタリアでの仕事は終わったが、自分の楽しみのためだけにイタリア語を使えるというのは贅沢な喜びだ。

日々ってあっという間に消えてしまう。遊んでいて消えた日々は何も残さない。でも、私にとっての遊びは語学だったから、今でもasset として残っている。得した気分。

当時は勉強で手一杯でローマの街や美術館は廻ったけれど、写真を撮る余裕はなかった。街中でカメラを構えるのは好きじゃないのでローマの写真は撮れないかもしれないが、ローマ郊外ではいっぱい撮って来ようと思う。
.
.
.
posted by iconologist at 11:49| Comment(0) | '08 ローマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
,
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。