2009年03月02日

ギリシア修道会の教会内部@グロッタフェッラータ

2008年10月11日 S.マリア教会は1024年に創設され、一部は18世紀に改修されたが、内部にはビザンチン形式ののモザイクやフレスコ画が残っている。

お昼には閉まっていた扉。重厚な入り口。扉の上にはフェンディのFの組み合わせのようなモザイクがある。

2008年10月16日 293.jpg

入り口の床にはカーペットのようなモザイクが。

2008年10月16日 288.jpg

2008年10月16日 294.jpg

みんな上ばかり見ながら急いで中に入って行くけれど、私は美術的にはこういうもののほうが好きだ。

正面。十字架はギリシャ十字架。文字もギリシャ文字。左のMΩNはアルファベットでMON.Monestery、修道院の略かしら?? 右のXAIPは何でしょうねえ。

2008年10月16日 296.jpg

一番上が最も古いフレスコ画の「聖母子」。かなり壊れているけれど、女性たちの顔がビザンチン風だとわかる。

2008年10月16日 304.jpg

こちらもたぶん、創設期のモザイク。

2008年10月16日 297.jpg

中央の玉座はキリストのものだが、空だ。かわりに子羊が描かれている。

2008年10月16日 297.jpg

2人の聖人はどちらもグロッタフェッラータにゆかりのある聖人。左が聖ネイロス、右が聖バルトロメオ。

2008年10月16日 299.jpg

2008年10月16日 298.jpg

右側に聖ニーロ礼拝堂がある。こちらは17世紀初めのドメニキーノのフレスコ画で飾られている。

2008年10月16日 311.jpg

2008年10月16日 308.jpg

立派だけれど、祭壇はあまり面白くないなあ。

上は受胎告知。受胎告知の天使は天使の中でいちばん素敵だと思う。

2008年10月16日 310.jpg

こんなに大きな絵も。

2008年10月16日 305.jpg

かわいい絵も。

2008年10月16日 306.jpg

2008年10月16日 307.jpg

でも、古い絵を見た後では、ほとんど感動しない。

お姉さんが、トルコのギリシャ正教の教会は素敵だという。本場だものなあ。いつか見に行きたいものだ。

そうしたら、明日は日曜日だということに気が付いた。お姉さんが、ミサに来ようと言った。ギリシャ正教のミサは歌で行われるのだ。

ということで、12日の朝、またやってきた。グロッタフェッラータのギリシャ教会に続けて3度も来る日本人は稀だろう。

歌のミサは素晴らしかった。お姉さんがブルガリアの女性コーラスはもっともっと素晴らしいと言った。いつか聴きに行きたいものだ。

歌の後で、言葉のお説教もあった。イタリア語がわからなければ有難く聞こえたのだが、急に世俗的になってしまってがっかりした。日本の坊さんのお経みたいに意味が解らないやつは有難い感じがするし、良く眠れる。

教会を出たところで、お姉さんがSマリア教会を噴水の中から撮ると案内書の写真と同じのができる言うのでやってみた。

2008年10月16日 327.jpg

じっくりと撮ったおかげで、このベイズンが斜めにゆがんでいることが解った。
.
.
posted by iconologist at 15:36| Comment(0) | '08 カステッリ・ローマーニ地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
,
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。