2008年10月24日

ローマの名所、クワットロ・フォンターネ

2008年10月06日 1日目ー7

夏時間が続いているおかげで夕方が明るい。ちょっと歩いてクワットロ・フォンターネの彫刻を見てこよう。

バルベリーニ広場から坂を上りきったところにその4辻がある。デジカメ片手の観光客が記念写真を撮るために4つの彫刻の前を移動するのだが、信号が変るたびに車がどどっどっと走る。じっと忍耐して人も車もいなくなるのを待った。

最も人気のあるのはこの美しい彫像だ。白鳥がいるからレダだろうか?

2008年10月16日 643.jpg

しかし、この女性は白鳥を愛撫せずに、ライオンに冠を載せている。偉い人なのだろうか? 本によるとジュノだという。

場所を変えて撮ってみると、怖い顔で睨まれてしまった。

 2008年10月16日 625.jpg

確かにレダではない。嫉妬深いゼウスの妻であった。鳥は下手だから白鳥かと思ったが、孔雀である。

もうひとりの女性はすやすや眠っている。これはディアナだという。

 2008年10月16日 626.jpg

左側にいるのは猟犬だし、上には森が描かれているが、弓矢を射るディアナではない。でも、実はディアナは内気で、夢で恋したりするかわいい人なのだ。

男性のほうはアルノ川とテヴェレ川を表している。どちらがどちらかしら?

 2008年10月16日 635.jpg

擬人化されていてほとんど判らないが、中央の樹は果樹だった。北のアルノ川よりテヴェレ川のほうが暖かく果物が豊富だから、こちらがテヴェレ川。狼がいるのはローマの起源の狼?

こちらは葦が描かれている。残りのアルノ川ということで。

 2008年10月16日 641.jpg

でも、寒いアルノ川にライオンがいる・・・・。

クワットロ・フォンターネはこの道が造られたときに、同時に作られた。有名な彫刻家の作品ではないけれど、ローマでは誰でもこのくらいできたのかもしれない。

この頂上からはピア門と3つのオベリスクが見えるように設計されている。一番近くはクリナーレ広場のオベリスク、次がスペイン広場のオベリスク、そして、なんと今朝見たサンタ・マリア・マッジョーレ広場のオベリスクも見える。広場は大聖堂の向こう側にあるのに!

帰りはどの道を通っても下り坂。バルベリーニ広場から2分のホテルに戻ってしばらくすると、ロンドンのK姉さんが到着。10年ぶりに会えて、嬉しくて抱きついた。

夜は近くのジョイア・ミーアで簡単に済ませた。ジョイア・ミーアってどこかで聞いたことがある。あ、愛子さまが行って有名になった那須のイタリアン・レストランだ。クリスマスの時期に行ったからかもしれないが、2度と行かない。

ローマのジョイア・ミーアはローマらしい普通のレストラン。野菜のグリル、パッパデルロはまあまあ。アバッキオは油っぽかった。全部半分づつにして二人で42ユーロ。


posted by iconologist at 14:37| Comment(0) | '08 ローマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
,
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。