2008年10月29日

サンタ・マリア・ソプラ・ミネルヴァ教会

2008年10月07日 2日目ー3

ミネルヴァ広場についての前の日記で簡素なネオ・メディーヴァル様式のファサードについて書いたが、このドアを一歩入ると、中の様子は一変した。

天井の赤い梁、星の散りばめられた青い空、なんと美しいこと。

 2008年10月16日 678.jpg

上を向いていたら、くらっとめまいがして、写真がぶれていた。

2008年10月16日 673.jpg

古代ローマ風の円柱の上に建てられているが、ゴシック様式。ここはローマで唯一のゴシック建築の教会なのである。建築したのはフィレンツェのサンタ・マリア・ノッヴェラ教会を建築した人というので、なるほどと思った。

実はこの教会は、長いことフィレンツェ人のための教会だったので、メディチ家の高貴なお方も埋葬されている。

主祭壇はフィリッピーノ・リッピのフレスコ画で飾られている。天井の絵は後の時代に完成したもののようだが、このフレスコ画は15世紀のままである。

2008年10月16日 676.jpg

下の絵が有名で、受胎告知の形をとっているが、実は右のトーマス・アキナス(秋茄子と変換されました!)が主役。

上の絵は有名ではないけれど、こういう[聖母被昇天]なら許せると思わせるすてきなデザイン。雲の周りを飛ぶ天使は国際ゴシックの流れを汲んでいる。だから気に入った。

受胎告知もどきの絵は他にもあった。

2008年10月16日 674.jpg

真ん中の黒い服のおじさんがこの教会を造るに寄与した枢機卿。マリアが嫁ぐ娘に持参金をあげるシーンになっている。こういう風に意図があると、画家も嫌になるのか、芸術的にはつまらない絵になる。

こちらはトレチェントものだろうか? モザイクみたいだが剥げているところを見るとフレスコか?

2008年10月16日 677.jpg

実は、ここにはフラ・アンジェリコのお墓がある。フラ・アンジェリコはフィレンツェのサン・マルコ寺院にずっといたのかと思ったら、ローマにも来ていた。法王にヴァチカンのプライベート・チャペルの絵を頼まれたのである。

フラ・アンジェリコはドミニク派の修道士なので、この教会の修道院に泊まった。そしてそこで亡くなったのだ。

それで、[地球の歩き方]にフラ・アンジェリコの絵が出ていたので、ぜひ見たいと思った。ベルニーニの子象とこの絵が目的だったのだ。

2008年10月16日 682.jpg

暗い中撮ってきた写真を良く見た。そうしたら、これは絶対にフラ・アンジェリコではないと思った。私の大好きな画家で、フィレンツェの学校に行っていたときはサン・マルコに何度も通ったのだから、すぐに判る。

調べて調べて探ってみると、Benozzo Gozzoliの絵だった。[地球の歩き方]にメールで知らせると、自動返信で「すぐには反映されないことがあります」と、何だか載せて欲しくてメールしているみたいに思われるけれど、あなた、恥ずかしいから、すぐに訂正してね。

そうそう、最後にミケランジェロの[REDENTORE]、救い主のキリスト。

2008年10月16日 681.jpg

フィレンツェのダヴィデに十字架持たせて体をねじっただけの無個性な彫刻。ここでも計測を誤ってダヴィデと同じく上半身が大きくて下半身が萎えている。ダヴィデと違うのは金色のふんどしみたいな布で隠してあるところ。

ミケランジェロは途中で弟子に交替させた。たぶん上から彫っていくから、上半身がミケランジェロで下半身が弟子だろうか。ま、未完成で放り出さないだけマシか。

サンタ・マリア・ソプラ・ミネルヴァ教会は外も中も面白かった。次は脇の道の向こうにクーポラが見えているパンテオンに行った。
.
.














posted by iconologist at 14:58| Comment(4) | '08 ローマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。初めておじゃまします。
写真がお上手ですね。私も同じところで撮りましたが、天井などはブレブレで悲しくなりました。
この教会で私が特に気に入っているのは天井の星空とフィリッピーノ・リッピです。
マチリンさんの写真でもう一度見ることができて嬉しいです。

あの絵はアンジェリコじゃなかったのですかー?!びっくりしました。
そうだと思ってブログに書いてしまいました。。。早速訂正します。(^_^;)
Posted by アル at 2008年11月09日 01:02
フィリッピーノ・リッピの作品の中で、私も一番好きよ。
アンジェリコについてはしつこいほど調べたので間違いないと思います。
Posted by マチリン at 2008年11月09日 16:09
おはようございます。始めまして。
素晴らしい写真ですね。

ところで「地球の歩き方」、ゴッツォリに訂正されてました。
しかし、「最近の研究によりゴッツォリの作品と考えられる聖母子」となっていて、笑いました。
Posted by kenken at 2009年05月15日 09:44
kenkenさん、素晴らしい情報をありがとうございました!
ということは、私もちょびっとは貢献できたんですね。
「最近の研究」というのが可笑しいですね。最近一番溜飲が下がったコメントです。ありがとう!
Posted by マチリン at 2009年05月29日 12:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
,
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。