2014年03月13日

サンタ・プラッセーデ教会、サン・ゼノ礼拝堂入口

2012年3月24日、法王パスカリス1世が母親テオドラの霊廟として造ったサン・ゼノ礼拝堂の入口は小さいが、サンタ・プラッセーデ教会内のどこよりも豪華である。

上のモザイクにすぐに目が行ってしまって見落とすが、両側の柱は黒い御影石と青いラピスでできていて、当時ではたいへん高価な建材だ。

606.jpg

イオニア様式の柱頭の間には芸術品を造ったパスカリスへの賛辞がなんたらかんたら書かれている。

中央にある埋葬の壺には母親テオドラの骨が入っている。

馬蹄型のモザイク画は外側がキリストを中央に12使徒、内側は聖母マリアを中心にビザンチン風の女性たちが描かれている。

どれが誰かは不明だが、礼拝堂内部のモザイクに記されているプラッセーデとプデンツィアーナ姉妹、聖アグネスはいると思われる。

606 - コピー.jpg

右上と左上の隅にはモーゼとエリヤが描かれている。

右下と左下には法王の帽子をかぶった人物がいる。年を取っているほうがパスカリスだと思われる。
法服からみると19世紀のモザイクであるとわかるが、それでももう一人が誰かは定かではない。

聖母マリアの両脇には助祭と主祭が描かれている。

606 - コピー (2).jpg

アプシスにも描かれている助祭ゼノと主祭ヴァレンタインであると思われる。
助祭はゼノという名前だがサン・ゼノ礼拝堂とは関係ない。

そもそも、なぜここにサン・ゼノの遺骨があるのか(カタコンベから持ち込まれたというが)、そもそもサン・ゼノという人物は何をした人なのか、今ではわからなくなっている。

確かなのはこの礼拝堂がサン・ゼノ礼拝堂という名前であるということだ。
posted by iconologist at 15:59| '12 ローマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
,
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。