2014年03月13日

サンタ・プラッセーデ教会、サン・ゼノ礼拝堂の祭壇とアプシスのモザイク

2012年3月24日、 サン・ゼノ礼拝堂はカタコンベの形を模しているので狭い空間で、正面にあるこの祭壇はとって付けたみたいだと思ったら、17世紀のものだった。

 610.jpg

中のモザイク画は13世紀のもので、〔マドンナと神の子〕が描かれている。

〔聖母子像〕と違って、偉そうな立派な子供である。

610 - コピー.jpg

両側はサンタ・プラッセーデとサンタ・プデンツィアーナ

祭壇のニッチの天井のモチーフはブドウの木の蔦の間に動物や花が描かれたデザイン

617.jpg

他のニッチの天井にも同じ紋様があるが、ここが修復されたのか最もきれいだ。

その上方にアプシスがある。

611.jpg

天使を柱に見立てたこのデザインの素晴らしさ!

一緒にラベンナに行った同行者はここは初めてだったが、大感激していた。

611 - コピー.jpg

中央には〔全能者キリスト〕が描かれている。
右手の指はまっすぐで、聖書ではなくスクロールのようなものを持っているが、パントクラトールである。

posted by iconologist at 22:08| '12 ローマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
,
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。