2014年03月14日

サンタ・プラッセーデ教会、サン・ゼノ礼拝堂、側壁のモザイク画(3)(4)

2012年3月24日、サン・ゼノ礼拝堂の女性のモザイク画の向かいの壁にあるのが3人の男性が描かれたモザイク画。

616 - コピー (2).jpg

記されているので、3人がそれぞれ使徒のヨハネ、ヤコブ、アンドレ、であると分かっている。

捧げものを持って行く先はやはり小さなニッチで、豪華に飾られている。
何か意味があるのだと思われる。

その下の小さなスペースにはキリストを中心に男性が2人描かれている。

616 - コピー.jpg

可能性としては主祭ヴァレンタインと助祭ゼノだが、記されていないので分からない。

さて、次のモザイク画が2008年にはお粗末な解釈をしてしまった絵だ。

ペテロ(左、鍵を持っている方)とパウロが指しているものが十字架のある王冠に見えたのだった。

615.jpg

ちょっと勉強したので、今では胸を張ってこれが天の玉座であり紫色のクッションの上に十字架が置いてあるのだと言える! 椅子の下には7つの封印の書物がある。

サンタ・プレッセーデ教会のアプスのモザイク画ではこの玉座に神の子羊が座っている

椅子には十字架が置かれているだけで空である。

中央の全能者キリストのアイコンの真下にこの絵はあるので、教会のテーマがキリストの再臨であることから、ペテロとパウロの差し出す手が「どうぞ」と言っているように感じた。

サンタ・プラッセーデ教会のモザイク画は、ヨハネの黙示録とキリストの再臨のテーマに貫かれたとても興味深い教会だった。

山登りでも上に登れば違う景色が見られるように、自分が成長すると同じものでも興味深く見られるようになる。

posted by iconologist at 16:53| '12 ローマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
,
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。