2014年03月17日

サンタ・マリア・マッジョーレ教会、コズマーティ様式の床、ベルニーニのお墓、etc.

2012年3月24日、サンタ・マリア・マッジョーレ教会の床は多くのコズマーティ様式のものが残っている。

オスティア・アンティーカの遺跡でもよく見られた結び目(KNOT)に似ている。

635.jpg

ダヴィデの星

639.jpg

修復もちゃんとされたみたいだ。

629.jpg

628.jpg

627.jpg

624.jpg

623.jpg

材料は古い建物に用いられたものなどを細かく砕いて使ったようだ。

622.jpg

円形は柱を横に切ったものである。

この大きな円形の中にΑとキリストのモノグラムとΩが描かれている。

626.jpg

周りにも字が彫ってあるから重要なものなのだろう。

この床の美しさに比べ、天井は醜悪だ。

630 - コピー.jpg

枠天井は金を張ってある。これだけなら好みではないが醜悪とは思わない。

でも、この金がスペインのフェルナンドとイザベラが寄付したものとなると話は違う。
スペインのラテン・アメリカでの蛮行、強奪の結果である。

スペインは忘れて、今回の目的だったベルニーニのお墓を探した。

 634.jpg

ありました! ラテン語でジャン・ロレンツォ・ベルニーニと書かれている。

634 - コピー.jpg

ローマの美術に貢献した、と献辞が書かれている。
ジャン・ロレンツォだけでなく、ファミリーのお墓である。
posted by iconologist at 11:35| '12 ローマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
,
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。