2008年02月08日

古代後期ローマン・モザイクの解読@カサーレ荘 U

Atrium of the Fishing Cupids 漁をするキューピッドたちのアトリウム

アトリウムは建物のプライベート部分に入るところにある小さな部屋で、中央に4本の円柱に囲まれた小さなプールがある。

漁をするキューピッドたちは2人づつ6隻の船に乗っている。ゆったりと描かれているので、キューピッドも背が高く、海の部分が多い。そこに描かれた魚の種類は客室の絵より多く、細かい。

細かく見るためにサムネイルにしたので、ダブルクリックして拡大してください。右角に現れる拡大マークをクリックするとさらに大きくなり、良く見えます。

CIMG1729sm.jpg

カレイやエビも見える。なぜか3本足のタコも見える。

 インデックスカサーレ荘概要のページにあります。
.
.
.



posted by iconologist at 13:31| Comment(0) | '06 古代ローマン・モザイクの解読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
,
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。