2006年09月12日

ベルニーニのローマ August'95

イタリアはひなびた街の教会などに良さがある、と気取っていた私は、誰もがまず行くローマを馬鹿にしていた。

1989年のミラノ、ヴェニス、フィレンツエ、1991年の北部イタリア旅行、その後1995年にヴェニス〜ラヴェンナ〜フィレンツエ〜シエナ〜アッシジと回って最後にローマに着いた。

そして誰もが詣でるヴァチカンに行ったとき、「ああ、ここに初めに来ていたら、他には行く必要がなかった!」とその素晴らしさに感嘆し、皆が好きなものを避ける自分の愚かさを知った。皆が良いというものは絶対的に良いのだった。

ローマでは贅沢なことにグランドというCigaのホテルに泊まった。このホテルのすぐ横の小さな教会にローマの噴水を作ったことで有名なベルニーニの彫刻[聖女テレサの法悦]があるのだ。

BerniniEcstasy.jpg

実は、日本で読んだ石鍋真澄さんの[ベルニーニ]という本に出て来る彫刻のある場所を全部メモしてきていた。ローマに2度と来ることはないから、この際に一気に見てしまおうと思ったのだった。

たった2日半だったので地区ごとに見る計画をたてた。

1日目

アッシジから昼過ぎに到着

国立博物館→マッシモ宮殿→ヴィラ・ジュリア(エトルスキ美術)→ボルゲーゼ美術館(ベルニーニ子供の頃の作品)→S.M.デルラヴィットリア教会(ベルニーニ作[聖女テレサの法悦])

2日目
ヴァチカン美術館→サンピエトロ寺院→スペイン広場→[ローマの休日]の撮影された家の前のオステリア・マグリットで夕食

3日目
カピトリーニ美術館→コンセルヴァトワール美術館→フォロ・インペリアル→ROFUMで昼食→フォロ・ロマーナ→丘を越えてコロッセオに降りる→サンフランチェスコ・ア・リーパ教会(ベルニーニ作[聖女ルドヴィコの法悦])→トラステーベレでピザ

Berniniludovica.jpg

これだけの見学で私はローマの虜になってしまった。[全ての道はローマに通ず]というのは違う、実際は「全ての道はローマから始まる]だ、とつくづく思った。

そして、1996年にはDelitという語学学校に5日間寄ってみた。その辛い学校生活にもかからわず、1997年には再びDelitに3週間も通った。そして午後はローマをじっくりと見た。
posted by iconologist at 15:11| Comment(0) | '95 シエナ・アッシジ・ローマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
,
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。