2012年04月16日

御者たちの浴場@オスティア・アンティーカ遺跡

2012年のオスティア・アンティーカ訪問では朝9時から5時まで歩き続けた。
入念に計画を練り、グーグルで場所の様子を確認し、効率的に回ったつもりだが、見逃したものもあった。
悲しかったのは、ネプチューンの浴場や皇帝の祭壇などの最高のモザイクが修復中だったことである。
このモザイクは先回見ているのでまだ良いが、多くの色彩モザイクが完全に移されたようで、残念だった。
もっとも、バッカスとアリアドネの家のように修復がきれいにされたモザイクを見ることもできたし、良しとしよう。

膨大な写真はフリッカーにアップした。
http://www.flickr.com/photos/machilin/sets/72157629335081588/
イタリア語だが、説明もついている。

ブログでは先回見られなかった、御者たちの浴場だけを記録しておく。

今回も草むらの向こうにあるこの遺跡は見逃すところだった。
外側を歩く道から見下ろせるようになっていた。
034  Terme dei Cisiarii.jpg
ここも土に埋もれていて、それだから保存されていたのだ。
033  Terme dei Cisiarii.jpg
他の部屋へ通じる道は見あたらなかったが、
このモザイクが見たかったので満足である。
032  Terme dei Cisiarii.jpg
ローマ門から入ってすぐに御者たちが休めるようにこの浴場が造られた。
他のモザイクにはない客車が描かれている。
032 dettaglio -  Terme dei Cisiarii.jpg
レンガで街を表し、アトラースのカリアティードが塔を支えている。
髭の男性のカリアティードはめづらしいが、天空まで支えることのできたアトラースは適任であると思われる。
,
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。