2010年03月13日

映画スターたちのドルチェ・ヴィータ@Grand Hotel Helio Cabalo

2008年10月13日 エリオ・カバーロのHPの写真に出ているプール。

2008年10月16日 806.jpg

2008年10月16日 805.jpg

季節外れのリゾート・ホテル。プール・サイドの部屋ではスーツ姿のエグゼプティヴがセミナー中だった。

プールを見下ろす広いレストラン。

2008年10月16日 809.jpg

朝食が少なかったのでめずらしくお昼を食べることにした。豪華なので不安だったけれど、メニューを見るととてもリーズナブル。

2008年10月16日 810.jpg

きれいで、街中と違うホスピタリティが溢れている。

ニョッキとリゾット。

2008年10月16日 424.jpg

2008年10月16日 425.jpg

これがおいしかったこと。

マリーノにこんなホテルがあるなんて、知らなかったが、調べてみると面白いことがわかった。

昔、フランク・シナトラやエリザベス・テイラー、など多くのアメリカの映画スターがここでDolce Vitaを楽しんだんだそうだ。パパラッチも押しかけていたそうだ。近年は映画スターではなくてサッカーの人気選手がきていたらしい。

食事の後、ホテルの敷地内を散歩していたら、もうひとつのプールを見つけた。シーズンオフで閉まっていたけれどスパやフィットネスセンターもある。

がらんとしているのが最高!

2008年10月16日 811.jpg

高い松の木に囲まれて寝そべったら、どんな夢が見られるのかしら?

2008年10月16日 812.jpg

2008年10月16日 813.jpg

白いチェアも良いけれど、この黒い椅子とテーブルのセットのシックなこと。

2008年10月16日 814.jpg

うっとりしていると、お姉さんがいない。どこに行ったのかしら?

あ、メイン・プールの端のテーブルで、水彩画を描いています。

2008年10月16日 817.jpg

2008年10月16日 816.jpg

お姉さんの絵心を刺激するのはいつも豪華ホテルの外に広がる風景。

2008年10月16日 818.jpg

2008年10月16日 819.jpg

田園の中にちょこちょこ家が見える感じが好きなんですって。

この全体が大好きだけれど、でも、日本人だから2泊はしていられない。次の刺激を求めて、明日はオスティア・アンティーカへ。
posted by iconologist at 18:26| '08 カステッリ・ローマーニ地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Grand Hotel Helio Cabala @ マリーノ その1 自然の中の客室

2008年10月13日  オールドタウンにあるカステル・ガンドルフォのホテルの部屋は小さかった。2泊の予定だったが他に移りたくなった。

そのとき、部屋にあったパンフレットで魅力的だったのがここ。Grand Hotel Helio Cabala  田園の中にあるグランドホテル、Helioというから太陽がいっぱいなんだろう。

値段は今のホテルより安いのでちょっと心配になって電話したらベッドルームが2つあるというので決めた。予約していたのでキャンセルには6割取られた(交渉の末でも)が、それでもこの選択は超賢かったのだ。

低い丘に小さな家々が点在していて、坂の一番上にチェックインする本館があった。そこから歩いて家々の間を下った。

2008年10月16日 796.jpg

もちろん、オジサンが荷物は持ってくれて。 

家の脇にはバラが茂る。

2008年10月16日 822.jpg

2008年10月16日 803.jpg

なぜ、こんな田園の中にイングリッシュ・ガーデンがあるのだろう。

2008年10月16日 821.jpg

私たちの家の前の広々としたテラス。素敵な秋の一日。

2008年10月16日 729.jpg

2008年10月16日 804.jpg

遠くの丘陵に、家並みが見渡せる。ここのテーブルでお茶していると、広がりが人間の細胞に与える力を感じた。

家に入ってみると、大きなリヴィングがあって、大きなベッドルームがあった。

2008年10月16日 422.jpg

この部屋だけでも前のホテルの全面積より大きい。明るさは右側の大きな窓から刺す光。

2008年10月16日 423.jpg

私はもう幸せで、幸せで、たまらなかった。

続く。

posted by iconologist at 10:40| '08 カステッリ・ローマーニ地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月11日

モザイクで出来た商店の看板@カステル・ガンドルフォ

2008年10月12日  カステル・ガンドルフォで見つけた一番すてきなものはミクロ・モザイクでできた看板。短いメインストリートにはおそろいのゼラニウムの鉢とこのモザイクの看板が並んでいる。

2008年10月16日 400.jpg

[芸術とワイン] ワインと一緒に売る芸術って何でしょうね。

こちらは[フラスケッテリア」 フラスケッティは地元の軽いワイン。

2008年10月16日 401.jpg

[カステルロ]、城という名前のお菓子屋さん

2008年10月16日 402.jpg

卵入りパスタ専門のお店、アンジェラ。細かい細工です。

2008年10月16日 403.jpg

ここはローマ料理のレストラン、

2008年10月16日 404.jpg

独創的な字は私には解読不可能。

これらを創っているのは同じメインストリートにアトリエを持つ女性たち。緊張して仕事していて写真を撮ることはできませんでした。

隣町のグロッタフェッラータのブティック・ホテルの内装にふんだんに使われていたミクロモザイク。 趣味の小物だけでなく、商業的に使えるものが今も作られていることに古代からの歴史を感じた。



posted by iconologist at 18:36| '08 カステッリ・ローマーニ地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

味わいのあるオールドタウンの壁@カステル・ガンドルフォ

2008年10月12日  カステル・ガンドルフォの街は噴火口の縁にあるので発展しようがないから、とても小さい。古い石造りの家々がびっしりと並んでいる。

ホテルのベランダから小路をはさんで黄色い壁に蔦が這い上がっている。こちら側のぶどうの蔓も下から上がってきている。

2008年10月16日 394.jpg

黄色い壁には蔦が似合う。配管まで同じ色に塗ってあるからきれいなのよね。

2008年10月16日 421.jpg

白い花が咲いていた。

こちらはメインストリートの壁にとりつけられたおそろいのゼラニウムの鉢。統一性があって立派だ。

2008年10月16日 417.jpg

由緒ありげな泉。中央は蛇ではなくイルカのようだ。

2008年10月16日 416.jpg

統一を嫌ってくだけたアレンジをした洗濯物。

2008年10月16日 415.jpg

高いところに水をやる道具。ペットボトルをくっつけてある。

2008年10月16日 414.jpg

おじさん、水遣りを終えたらドアの前に置いた。うーむ、いつも使うものは手近に置く性格か。日本人に似ている。

あら、色とりどりのピンチのかわいいこと。

2008年10月16日 398.jpg

このお宅も箒とちりとりは玄関に出しっぱなしのよう。

法王の離宮のある街にしては庶民的過ぎるなあと思っていたら、すごいものを発見してしまった。

この洗濯ばさみの建物の角を曲がったところの壁に埋め込まれた碑。

2008年10月16日 399.jpg

あら、ウルバヌス8世と書いてある。年号は1630年。

紋章には3匹の蜂が描かれている。これはバルベリーニ家の紋章だ。ということはウルバヌス8世はバルベリーニ家の出に違いない。

調べてみたら、ウルバヌス教皇は芸術に貢献し、ローマのバルベリーニ広場のトリトーネの噴水を作らさせたのだそうだ。

あれはベルニーニの作品だから、この離宮にベルニーニに噴水と教会を設計させたのもウルバヌス教皇だったわけだ。

壁からこういう面白さを感じられるなんて、シンボリズムの勉強をしてきて良かったと思う至福の時間。
posted by iconologist at 14:35| '08 カステッリ・ローマーニ地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

金色に輝く夜のカステル・ガンドルフォ

2008年10月12日  昼間、探しておいたレストランに向かっていく途中、夕焼けを見た。ローマの方向である。法皇さまも、離宮の西側の窓からこんな感じに夕焼けを見るのだろう。

2008年10月16日 764.jpg

そして、夕食を終えて、

2008年10月16日 767.jpg2008年10月16日 770.jpg

暗い坂道を登って横の門から広場に入ったら、昼間とは全く違う美しい光に満ちていて、大感激した。

2008年10月16日 776.jpg

くすんでいたベルニーニの噴水も真っ白く輝き、後ろの商店街の街灯がきれい。

2008年10月16日 788.jpg

法王さまの離宮はというと、上品な明かりがあるだけで、街の光にはかなわない。

ライトアップされた聖トマッゾ教会の上に満月が輝いて、これ以上望むものはありません。

2008年10月16日 795.jpg

ローマから近い観光地で、わざわざ泊まる人も少ないのか、夜はひっそりとしていて、それがたまらなく良かった。
posted by iconologist at 18:01| '08 カステッリ・ローマーニ地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

法王の夏の離宮があるカステル・ガンドルフォの街

2008年10月12日 アルバーノ湖は古い噴火口に水が溜まった湖で、カステル・ガンドルフォはその縁にある細長い街だ。

法王が夏の離宮に選んだのは、湖の景色と、ローマの景色との両方が見られるロケーションだからだろう。

丘の下にある入り口。もちろん、入ることはできない。

2008年10月16日 342.jpg

坂を登って行くと道は横門の中に入っていく。

2008年10月16日 347.jpg

名門キージ家の星と山(俵ではなくて)の紋章。

2008年10月16日 340.jpg

離宮の正面は簡素なもの。きっと中は贅沢なんだわ。

2008年10月16日 338.jpg

当然、金を払えば入れるものだと思っていたが、ダメだった。しかたないから広場をゆっくりと見よう。

広場の敷石。ここにもキージ家の星の紋章がある。

2008年10月16日 412.jpg

ベルニーニが設計したという噴水。

2008年10月16日 413.jpg

中央は3人の羽の生えた女性のカリアティッド。おとなしいデザイン。

噴水の右後ろにある聖トッマーゾ教会もベルニーニのデザイン。

2008年10月16日 410.jpg

これは朝の暗いときに撮ったのでちょっとおどろおどろしいけれど、光があると、こんな感じ。

2008年10月16日 339.jpg

中はバロック建築にしては上品。

2008年10月16日 409.jpg

中央の磔刑画を持ち上げる大天使たちの動きがなまめかしくて、ベルニーニらしい。ベルニーニかどうかは知らない。首が長いのでマニエリズム期に入っているかも。

2008年10月16日 406.jpg

広場のまわりのみやげ物屋はつまらなかったし、ちょっと拍子抜けしてしまったカステル・ガンドルフォの離宮前でした・・。

が、夜には別世界のように美しかったの! (続く)


posted by iconologist at 17:00| '08 カステッリ・ローマーニ地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アルバーノ湖を堪能した一泊二日

2008年10月12日 アルバーノ湖を見晴らすには、やはり、法王の別荘と同じロケーションのホテルが良い、と街中のホテルを選んだ。

部屋に入るとすぐにバルコニーに出た。

2008年10月16日 335.jpg

ここからはアルバーノ湖の全体が見える。

法王庁は左にあって眺める風景はほとんど同じだ。

2008年10月16日 343.jpg

小さな折り畳みのテーブルがあったので、グロッタフェッラータのホテルからいただいたパンとジャムで素敵なランチ。

2008年10月16日 336.jpg

こういう場所には真っ赤なゼラニウムがいちばん合っている。

それから街をぶらぶらして、ディナーに行くレストランを探した。ここは街の人が大勢来ているレストラン。

2008年10月16日 767.jpg

素朴だけれど、今回の旅行ではここのアンティパスタがいちばん美味しかった。

ルッコラに載せた生ハムのおいしかったこと。

2008年10月16日 770.jpg

それからホテルに戻ってすぐに就寝し、夜明け前に起きて湖の夜明けを見た。まだ家や街灯の光があるが、空が染まり始めている。

2008年10月16日 359.jpg

この左側から朝日が差すのだろう。

と思ったが、明るさはだんだんに右側へ。

2008年10月16日 373.jpg

そして、ついにダイヤモンド現象が!

2008年10月16日 391.jpg

ちょうど真上に白い月が見えて、私の大好きな一枚。

お姉さんも起きてきて朝のお茶を入れた。

2008年10月16日 395.jpg

青い湖は美しい。

2008年10月16日 397.jpg

でも、ずっと見ていると飽きる。2泊する予定だったけれど部屋は極端に小さいし、次の場所に移ることにした。
posted by iconologist at 12:28| '08 カステッリ・ローマーニ地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月02日

ギリシア修道会の教会内部@グロッタフェッラータ

2008年10月11日 S.マリア教会は1024年に創設され、一部は18世紀に改修されたが、内部にはビザンチン形式ののモザイクやフレスコ画が残っている。

お昼には閉まっていた扉。重厚な入り口。扉の上にはフェンディのFの組み合わせのようなモザイクがある。

2008年10月16日 293.jpg

入り口の床にはカーペットのようなモザイクが。

2008年10月16日 288.jpg

2008年10月16日 294.jpg

みんな上ばかり見ながら急いで中に入って行くけれど、私は美術的にはこういうもののほうが好きだ。

正面。十字架はギリシャ十字架。文字もギリシャ文字。左のMΩNはアルファベットでMON.Monestery、修道院の略かしら?? 右のXAIPは何でしょうねえ。

2008年10月16日 296.jpg

一番上が最も古いフレスコ画の「聖母子」。かなり壊れているけれど、女性たちの顔がビザンチン風だとわかる。

2008年10月16日 304.jpg

こちらもたぶん、創設期のモザイク。

2008年10月16日 297.jpg

中央の玉座はキリストのものだが、空だ。かわりに子羊が描かれている。

2008年10月16日 297.jpg

2人の聖人はどちらもグロッタフェッラータにゆかりのある聖人。左が聖ネイロス、右が聖バルトロメオ。

2008年10月16日 299.jpg

2008年10月16日 298.jpg

右側に聖ニーロ礼拝堂がある。こちらは17世紀初めのドメニキーノのフレスコ画で飾られている。

2008年10月16日 311.jpg

2008年10月16日 308.jpg

立派だけれど、祭壇はあまり面白くないなあ。

上は受胎告知。受胎告知の天使は天使の中でいちばん素敵だと思う。

2008年10月16日 310.jpg

こんなに大きな絵も。

2008年10月16日 305.jpg

かわいい絵も。

2008年10月16日 306.jpg

2008年10月16日 307.jpg

でも、古い絵を見た後では、ほとんど感動しない。

お姉さんが、トルコのギリシャ正教の教会は素敵だという。本場だものなあ。いつか見に行きたいものだ。

そうしたら、明日は日曜日だということに気が付いた。お姉さんが、ミサに来ようと言った。ギリシャ正教のミサは歌で行われるのだ。

ということで、12日の朝、またやってきた。グロッタフェッラータのギリシャ教会に続けて3度も来る日本人は稀だろう。

歌のミサは素晴らしかった。お姉さんがブルガリアの女性コーラスはもっともっと素晴らしいと言った。いつか聴きに行きたいものだ。

歌の後で、言葉のお説教もあった。イタリア語がわからなければ有難く聞こえたのだが、急に世俗的になってしまってがっかりした。日本の坊さんのお経みたいに意味が解らないやつは有難い感じがするし、良く眠れる。

教会を出たところで、お姉さんがSマリア教会を噴水の中から撮ると案内書の写真と同じのができる言うのでやってみた。

2008年10月16日 327.jpg

じっくりと撮ったおかげで、このベイズンが斜めにゆがんでいることが解った。
.
.
posted by iconologist at 15:36| Comment(0) | '08 カステッリ・ローマーニ地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月26日

ギリシャ修道会の内部潜入@グロッタフェッラータ

2008年10月11日 一度ホテルに戻って4時に再び来てみたら、ガイドさんの周りに十数人が集まっていた。ボランティアの方だったので一緒に内部を見ることができた。

内部潜入というとオーバーだけれど、鍵を持ったガイドさんに出会わなかったら入れない場所である。しつこく2度も来た甲斐があった。

大きなお腹の上でゆれるIDカード。

2008年10月16日 792.jpg

修道院の中庭。

2008年10月16日 312.jpg

ここは元々ギリシャ時代の遺跡のあったところで、出土品が回廊に並べられている。ギリシャ時代を思わせるものはここしかなかった。

この建物の中には図書館があり、ガイドさんが頼んでいたが、見学は許可されなかった。これはもしかしたら、土曜日の午後だからかもしれない。

奥の中庭の縁にキウイがたわわに成っている棚があった。

2008年10月16日 766.jpg

この下の柵に扉があって、そこを開けると下に降りれるようになっていた。奥の半分開いているのが階段下の扉。ここから回廊に入って来た。

2008年10月16日 772.jpg

目の前には小高い丘が連なる。

2008年10月16日 765.jpg

遠くかすんでいるところがローマのあたり。

2008年10月16日 777.jpg

建物を下から見るとこういうふう。

2008年10月16日 773.jpg

下には頑丈な回廊が造られている。

2008年10月16日 769.jpg

右側はクリプトの入り口に続く。

左側は馬車も通る道だったらしい。

2008年10月16日 771.jpg

上の全体の写真で芝生になっているところにも道があって外部と通じていたと思われる。教会はもともと開放的な場所だったはずだ。でも、15世紀に道は遮断されて、城壁や塔が建てられた。

2008年10月16日 774.jpg

2008年10月16日 778.jpg

銃を出す穴もあるが、誰かが攻めてくる危険があったのだろうか?

古い壁に咲くバラ。

2008年10月16日 779.jpg

ドアにはWCと書いてある。万国共通のトイレのモノグラムだ。

この後、サンタ・マリア教会の内部を見学した。想像以上の素晴らしいところだった。
.
.
posted by iconologist at 12:19| Comment(0) | '08 カステッリ・ローマーニ地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ギリシャ修道会の中庭に書かれたモノグラム

2008年10月11日 グロッタフェッラータのギリシャ教会の中庭でクロワッサンを食べているときには気がつかなかったが、あとでゆっくりと眺めてみると、空腹時には気がつかなかったものが見えてきた。

石畳に浮かび上がるモノグラム。MPとtheta/upsilon 

  2008年10月16日 791.jpg

Mはマリア、Pはギリシャ文字でR。Maria Regina、(天の)女王マリア。theta/upsilonはいつも何だろうと思う。誰か教えてくれないかなあ。

ぐるっと周ってみると、クリストグラムも。

2008年10月16日 784.jpg

XとP(ギリシャ語でCとR)、キリストの初めの2文字の組み合わせだ。

こちらには聖ニーロのモノグラム。

2008年10月16日 783.jpg

Nの上にいつも小さなOが付いているが、何でしょうね。

そして極め付きはやはり、全能の神。

2008年10月16日 785.jpg

2008年10月16日 786.jpg

アルファベットの初めのアルファと最後のオメガで全能の神が象徴されるのは、「我は始まりであり、終わりである」つまり全能であるという言葉による。

まあ、こんなに神聖な場所でクロワッサン食べたりして、不謹慎だったこと。ま、クロワッサンといえばトルコの象徴だから、キリスト教の敵を食べたということで許してもらおうかしら。




posted by iconologist at 11:36| Comment(0) | '08 カステッリ・ローマーニ地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

ギリシャ修道会@グロッタフェッラータ

2008年10月11日 アリッチャからまっすぐギリシャ修道会に行った。グロッタフェッラータの街は1004年に建てられたこのギリシャ修道会で有名なのである。しかし、広い敷地内には誰もいなかった。お昼の時間帯は教会は閉まっているのだった。

大きな鉄製の門にあるNの字はギリシャ修道士、聖ニーロのN。1004年にここに修道会を建てた。

2008年10月16日 781.jpg

奥の中庭。中央の泉の中央に小さな像が立っているように見えるが、聖ニーロの像は後ろのフェンス前の芝生の中にある。

奥の中庭のベンチに座った。ホテルの朝食の残りで、いつもの飽食懺悔の簡素な昼食。

2008年10月16日 739.jpg

武田百合子さんのロシア旅行記[犬が星見る旅]という本がある。まだ旅行が一般的でなくて、犬が星を見るような驚きで満ちていた頃の話。その中で、確保してきたゆでたまごを分け合って食べるくだりがあって、そういうところが好きだった。生を感じるのである。13世紀に建てられた塔の下でクロワッサンにジャムを塗りながら、私も生を感じていた。

2008年10月16日 741.jpg

11世紀に建てられたサンタ・マリア教会を見ながらお姉さんとひとつのオレンジを分け合った。そんな行為がいとも自然に思われる静かな午後の時間。

2008年10月16日 782.jpg

2008年10月16日 740.jpg

教会の入り口の上には聖母子を描いたモザイクが。

2008年10月16日 738.jpg

マリアがこのように堂々と手を上げているのも、幼子が円の中に描かれているのもめずらしい。きっと中も素晴らしいことだろう。教会はたいてい4時ごろから明けるのでまた来よう。

塀越しに見える回廊のある建物。ここが修道院の部分だろうか。

2008年10月16日 742.jpg

ここでも扉は固く閉まっていた。

2008年10月16日 313.jpg

諦めてぐるりを囲む塀を見ていたら、その一角で子供が遊んでいた。そこから上に登る階段があって、どうも2階でコンファレンスをやっているらしいのだ。塀の上に上がりたいと頼んで、階段を登らせてもらった。

おお、何と素晴らしいこと!

2008年10月16日 744.jpg

2008年10月16日 743.jpg

2008年10月16日 746.jpg

畑だか、果樹園だか、美しい田園。

2008年10月16日 745.jpg

たまたま子供が飽きて遊びに出てきたので柵が開いていたが、その後に行ったときはもう錠で閉められていた。とても幸運だった。

いったんギリシャ修道会を後にする。運のよいことに直ぐ前にジェラート屋さんがあった。(この後も通るたびに食べた)

2008年10月16日 750.jpg

グロッタフェッラータのメインストリートは庶民的だ。家具の修復をする工房。

2008年10月16日 330.jpg

2008年10月16日 331.jpg

ワインを造っているところでは、陽気なおじさんたちが写真のためのポーズをとってくれた。

2008年10月16日 794.jpg

おいおい、オジサン、たばこ持ってちゃダメでしょ。

このあたりの特産のフラスカーティは軽くて、通の方はどうおっしゃるか知らないけれど、私は好きだ。

張り紙がしてある大きな鉄の門。並木の先には昔、ヴィッラがあったのだろうか? 

2008年10月16日 763.jpg

新しいホテルか施設になるらしいが、あれから経済が急激に悪くなってしまって、豪華なホテルを作る時代ではなくなった。次に行ってもこのまんまのような気がする。

メインストリートから一筋中に入った通りにあるホテルに着いた。ここは静かな通りで、泊まるのには良い場所だ。着くとすぐに「飲み物はどうか」と言ってくれた。

白いカバーのかかったソファに腰掛けてカッフェをいただきながら、こういうホテルに泊まる人は絶対に教会の中庭で朝食の残りのクロワッサンは食べないだろう、と思った。でも、人生はどちらも楽しめるほうが得だ。

そして、ちょっと部屋で落ち着いてから、再びギリシャ修道会にチャレンジ訪問したのだが、これがまあ、大正解。続く。
.
.
posted by iconologist at 14:53| Comment(0) | '08 カステッリ・ローマーニ地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月16日

バロックの内装が完全に残るキージ宮殿@アリッチャ

2008年10月11日 カステッリ・ロマーニ地方で一番素晴らしいヴィッラに行きたいと言ったら、バロック・ミュージアムはどうかと運転手が言った。バロックの絵画は興味がないが、それがお勧めなら行ってみようということで、アリッチャに着いた。

車で渋滞する道路際に建つなんの変哲もない大きな建物。

2008年10月16日 730.jpg
 
入るとチケット売り場があってガイドを待っていてくれという。中は写真は禁止だというが、格子越しに見える教会を撮りたいといって一枚撮った。

2008年10月16日 723.jpg

この教会はぐるっと囲む半円形の建物を含めてベルニーニの設計なのだ。あちらを見たほうが良かったかなあ、と思った。

しかし、ガイドがひとつひとつの部屋の鍵を開けると、そこには当時の内装がそのまま残っていた。感激! 

でも写真が撮れないので、キージ宮殿の公式ホームページを参照のこと。ここは20年前にアリッチャ市に寄贈され、その後もバロック絵画が寄付され、11月には新バロック・ミュージアムが一般公開されることになっているのだった。

最後の広間は夏の食堂と呼ばれているところで、テラス側の壁にはテラスと同じ柵と自然の景色が描かれて庭と一体になっていた。

そのとき、テーブルの上の小さな写真に気がついた。バート・ランカスター、クラウディア・カルディナーレ、アラン・ドロン・・・・。なんと、ここは私の大好きなヴィスコンティの映画[山猫]が撮影された場所だったのだ。1963年公開の映画だから、ほぼ半世紀前のこと!

chigat1.jpg

後ろの給仕の立っているところに自然の絵描かれた壁があり、右奥のカーテンの向こうに本物のテラスの手すりが見える。ああ、ほんとうにここに行ったんですね!

アラン・ドロンとクラウディア・カルディナーレ。

chigat2.jpg

ドロンの後ろにも田園風景の絵描かれた壁が見える。

実際にここからテラスに出ると、こういう感じ。

2008年10月16日 719.jpg

2008年10月16日 722.jpg

中庭側から見た建物は外側より繊細で美しかった。

2008年10月16日 721.jpg

2008年10月16日 720.jpg

ちょうど対面の教会の建築にベルニーニがか係わっていたので、この宮殿も彼の意図がみられるらしい。実際には弟子や家族が係わっていた。

対面の教会を見に道路を渡る。

2008年10月16日 724.jpg

2008年10月16日 734.jpg

しかし、運よくキージ宮殿の最後のツアーには間に合ったが、教会は結婚式の片付け中で入れなかった。

2008年10月16日 731.jpg

ここは聖母被昇天教会で、祭壇画もありえない聖母被昇天の図なので、まあ、いいかなあと諦める。

広場に残るベルニーニの噴水。

2008年10月16日 727.jpg

上の米俵みたいなものは、俵ではなくてこれで山を表している。山の上に星が光るキージ家の紋章。これはローマのパンテオンでも見ることができた。キージ家は有力者なのでちょっと気をつけると至るところで見つかる。

一対の噴水のもう片方の後ろがわにキージ宮殿が見える。

2008年10月16日 728.jpg

素晴らしい内部を見た後で眺めると、この建物が魅力的に見えた。イギリスのジョージアン形式に似た簡素さが良い。上に見えるのは後から立てられた部分。テラスから見えた部分で、装飾が美しい。なんてね。

posted by iconologist at 11:35| Comment(0) | '08 カステッリ・ローマーニ地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

細部まで美しいブティックホテル、ロカンダ・デッロ・スプンティーノ@グロッタフェッラータA部屋の内部

2008年10月11日 ロビーも良かったけれど、このホテル、Locanda Dello Spuntino の魅力は何といっても室内にある。

私たちの部屋のドアのプレート。

2008年10月16日 320.jpg

Trebbianellaとは、葡萄の種類の名前。10部屋にはすべてこの地方の葡萄の名前が記されている。ファミリーは元々葡萄を栽培してワインを造っていた。そういうルーツが大切にされている。

女2人旅にはロマンチックすぎるダブルベッド。

2008年10月16日 755.jpg

ここは仲良しカップル用のホテルで、ツインベッドはない。

バスとトイレと洗面所のコーナー

2008年10月16日 756.jpg

ここからが、ため息が出るほど素敵だった。

ポンペイの人になった気分がするバス。

2008年10月16日 752.jpg

細かく美しいモザイク。

2008年10月16日 317.jpg

2008年10月16日 319.jpg

植物はすべて葡萄。徹底しています。

トイレ。

2008年10月16日 754.jpg

トイレの壁のモザイク。こういうの大好き。

2008年10月16日 316.jpg

2008年10月16日 318.jpg

洗面所。写真がちょっと暗いのは電気をつけなかったから。

2008年10月16日 751.jpg

2008年10月16日 748.jpg

ホテルのロゴが刺繍されたビデ用のタオル。

2008年10月16日 757.jpg

こんな美しいものでお尻なんて拭けません。結局、未使用。

何度も同じことを書いてしまうけれど、こんなにセンスの良いホテルが小さな田舎の街にあるなんて驚きだった。つくづく、旅行の楽しさの半分はホテルにあると実感した。

ホテルのロビーの様子
老舗レストラン、タヴェルナ・デッロ・スプンティーノTaverna Dello Spuntino.
.
posted by iconologist at 17:19| Comment(0) | '08 カステッリ・ローマーニ地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

細部まで美しいブティックホテル、ロカンダ・デッロ・スプンティーノ@グロッタフェッラータ@ロビー

2008年10月11日 グロッタ・フェッラータという小さな町のホテルにはほとんど期待していなかったが、このロカンダ・デッロ・スプンティーノが今回の旅行で一番感激したホテルだった。

重厚な木組で作られたフロント。

2008年10月16日 759.jpg

センスのめちゃ良いシャンデリア。

2008年10月16日 735.jpg

真似して作りたいくらい。

ブルー・オニオンの皿が飾られたカップボードと素敵な花。


2008年10月16日 733.jpg

センスが良いだけではなく、雰囲気が暖かい。フロントにはいつも家族の一員がいて、飲み物はいかが?と聞いてくれる。

2008年10月16日 332.jpg

清潔なテーブルと椅子。

2008年10月16日 758.jpg

ここで朝食をいただく。

2008年10月16日 732.jpg

2008年10月16日 718.jpg

レストランの経営するホテルなので食べ物の質がとても良い。

こちらは飾ってあったかぼちゃ。お姉さんが前のホテルで描いていたもの。

2008年10月16日 760.jpg

作り物だと思っていたお姉さんが驚くと、近くの八百屋さんで売っていると教えてくれた。でも、日曜の朝のこと・・・・。

そうしたら、「マンマ〜〜〜〜」とお母さんを呼んで、キッチンからかぼちゃを袋にいっぱい入れて持ってきてくれた。そういう暖かさが嬉しく、また、もし、この地方に来たらここに絶対に泊まろうと思った。

老舗レストラン、タヴェルナ・デッロ・スプンティーノ
.
.
posted by iconologist at 16:56| Comment(0) | '08 カステッリ・ローマーニ地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

グロッタフェッラータの老舗、タヴェルナ・デッロ・スプンティーノ

2008年10月11日

グロッタ・フェッラータではたった10室しかない小さなブティック・ホテルに泊まったのだが、このホテルの素晴らしさを語る前に、レストランのことを書いておこう。

ホテルの名前はロカンダ・デッロ・スプンティーノLocanda Dello Spuntino、手前の青いサイン。レストランの名前はタヴェルナ・デッロ・スプンティーノTaverna Dello Spuntino、左後ろのサイン。

2008年10月16日 762.jpg

グロッタ・フェッラータのメインストリートから2筋入った通りにある。レストランは60年代にそれまでやっていたワインセラーを改造して作ったもので、家族総出で経営している。

2008年10月16日 797.jpg

吊る下がっている生ハムは全部、サン・ダニエル。街のレストランのように品数を備えているわけではなく、素朴だ。

土曜日ということもあって、この店はかなり広いのだけれど満員になる。家族連れ、友人たち、若いカップル、みんな地元の人たちで店主と挨拶していた。あとは私たちのようにホテルに滞在している客。

パスタはこの3種のパスタがお勧めということだが、これを薦めてしまえば楽なのだろう。何しろ客がいっぱいで店中がわんわんしているから、スピードが勝負。

2008年10月16日 725.jpg

パンもおいしくて、つい食べ過ぎてしまった。

2008年10月16日 717.jpg

暖かい色合いのタヴェルナで、暖かい人間臭さに囲まれて、私も大好きなK姉さんと一緒で、旅行は仲良しとゆっくりするのが良い、とつくづく思った夕食だった。

ホテルは子供の世代が中心となってデザイナーとともにコンセプトを考えて創りあげたもので、たった10室ではどうやっても採算が合うはずがないから、道楽なのだと思う。

この大繁盛タヴェルナを見て、そんな道楽ができるわけが良くわかった。ホテル編に続く。
.
.


.



posted by iconologist at 15:25| Comment(0) | '08 カステッリ・ローマーニ地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月08日

ヴィッラ・トゥスコラーナ@フラスカーティ

2008年10月11日

グロッタ・フェッラータのホテルにチェックインしてすぐに幾つかのヴィラを周った。

ヴィッラ・トゥスコラーナは持ち主が転々と替わったヴィッラだが、もっとも大切なのは古代ローマのキケロの別荘であったということだろう。彼が使ったVilla Tuscolana(トスカーナ風の)という名称は比較的最近使われ出したものである。

前庭に何気なく置かれているローマ時代の遺跡の一部(レプリカかも・・)に面影を残しているが、奥の広い庭には遺跡が転がっているようだ。

2008年10月16日 708.jpg

このT字型の館のできたのは18世紀のことだ。

2008年10月16日 715.jpg

ナポレオンの弟も数年所有し、イタリア王エマニュエル2世も住み、近くにでっかいヴィッラを持っていたアルドブランディーニ家は2度目の所有のときに二つのヴィラを繋ぐ道を作った。貴族王族がやりたい放題の豪勢な生活をしていた場所である。

前庭は今はボックスウッドの縁ができて、トピアリーがたっている。

2008年10月16日 716.jpg

でも、こういう人を拒否する芝生には魅力を感じない。

2008年10月16日 705.jpg

砂利の照り返しが熱そうだ。ここもホテルになっているが、グラヅィオー二に泊まって本当に良かったと思った。

内装は派手だけれど軽い。

villa tuscolana.jpg

魅力的だったのは木陰のテント。

2008年10月16日 707.jpg

ここで食事をしたら素敵だろうと思った。ヴィッラ・グラヅィオーリのダイニングルームは地下で、朝食の部屋は穴倉のようなところだったから。









posted by iconologist at 18:08| Comment(0) | '08 カステッリ・ローマーニ地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月28日

ホテル・ヴィッラ・グラヅィオーリC ディナー

ヴィッラ・グラヅィオーリはルレ・エ・シャトーの系列ホテルで、夕食代も込みになっている。

私たちのプランは二人で一泊480ユーロだった。ホテルはどうみても180ユーロが良いところの大きさだったから、300ユーロ分食べなければ元がとれないわけである。

朝食を50ユーロとすると250ユーロ。ひとり125ユーロ分は頑張ろうと意気込んだ。

いつもはカメラを持って行っても忘れて食べ初めてしまうが、今回は心して撮った。

オードブルは生ハムとメロン。

2008年10月16日 710.jpg

シャンパンととても良くあっていた。ワインもタダだったので頼むと苦いワインを持ってきたので、替えてもらった。タダでも主張はしないとね。

次はパスタの中でいちばん高いオマールエビのパスタ

2008年10月16日 711.jpg

ここまではおいしくいただけた。

メインはいちばん高い子羊の腿を頼んだらとんでもなくデカイのが来た。高いのは量が多いからであった。

2008年10月16日 712.jpg

それでも子羊の腿を食べることはなかなか無いので一生懸命に食べた。お姉さんが頼んだ鴨がおいしくなかったので手伝ってもらった。

デザートは私はりんごのクレープ。パスタのように作ってある。

2008年10月16日 714.jpg

デザートのために子羊をセーブしたのでおいしくいただけた。

お姉さんはパイナップルのカルパッチョ仕立て

2008年10月16日 713.jpg

といっても、お姉さんはデザートを食べないので私がいただいた。

お姉さんはグラッパにした。むかしボローニャのレストランで残ったグラッパを壜ごともらってきた勢いはなかった。ふたりとも年を取った。でも、お互い一緒に旅行して一緒に食べる幸せを再確認した。125ユーロ分食べられたかどうかは問題ではなかった。
.
.

posted by iconologist at 21:45| Comment(0) | '08 カステッリ・ローマーニ地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月26日

ヴィッラ・グラヅィオーリ B 庭で

2008年10月10日 

ウィンブルドンに住んでいるお姉さんも、毎週山荘に通っている私も庭が好き。そして私たちにとって庭とは、草花を愛でるというより、ゆっくりと過ごす心地よい空間である。このヴィッラの前庭は絶好の場所だ。

部屋でお茶を沸かし、懺悔の昼食(朝食の余り物のこと)を済ませると、もうどこにも行かないで芝生で過ごすことにした。

館の左右に芝生が広がっている。

2008年10月16日 257.jpg

良く見ると芝だけではなくてクローバーが多い。うちはオオバコが生えてしまうが、クローバーなら良いのになあ、と思う。

左側

2008年10月16日 269.jpg

2008年10月16日 258.jpg

2008年10月16日 268.jpg

右側

2008年10月16日 265.jpg

大きな樹って魅力的です。

2008年10月16日 264.jpg

私はこの木陰で本を読んでいたのだけれど、この猫に邪魔され続け。

2008年10月16日 264.jpg

太陽の少ないイギリスから来たお姉さんは日向でサングラスをかけて絵を描いている。猫は嫌いなので猫のほうも寄り付かない。

2008年10月16日 689.jpg

描いているのはヴィラではなくてかぼちゃ。

2008年10月16日 693.jpg

どこに行ったかと思ったら、塀の外を見ていた。

2008年10月16日 280.jpg

2008年10月16日 282.jpg

2008年10月16日 285.jpg

お姉さんは老後のために水彩画を習い始めてはまっている。

2008年10月16日 286.jpg
 
私が万が一未亡人になったらパステル画を描いて過ごしたいと思う。子供のころから絵は好きだった。

確かに塀の外のほうが絵心を誘うかもしれない。赤い屋根、もこもことした木々、畑の畝。

そんなに素朴なものが好きなら、何でヴィッラに泊まったの? というと、ここがルレ・エ・シャトーの系列で、ディナーがおいしいと言われるからだった。続く・・・
.
posted by iconologist at 15:36| Comment(0) | '08 カステッリ・ローマーニ地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヴィッラ・グラヅィオーリ@フラスカーティ A建物内部

2008年10月10日 ヴィッラ・グラヅィオーリはきれいに修復されてホテルとして営業している。個々の部屋は小さいが、一階は全部がラウンジになっている。

入り口を入ったところの広いスペース。

2008年10月16日 271.jpg

壁も床も新しく、ちょっとつまらない感じがするが、奥へ通じるドアは当時のものだ。

2008年10月16日 277.jpg

2008年10月16日 272.jpg

古いシャンデリアが下がる落ち着いた読書室。このような部屋が5つから6つあった。

ペガサスが中央に描かれた天井画。その下の女性は何かのアレゴリーだろう。

2008年10月16日 274.jpg

すてきな木組みの天井。

2008年10月16日 275.jpg

天井画は傷付かずに残ることが多いが、修復もされているのだろう。

このように古びたまま残っている場所もある。

2008年10月16日 278.jpg

トロンプ・ルーユで描かれている。

いちばん印象的だったのはこの部屋。

2008年10月16日 273.jpg

古いシャンデリアの上の天井が黒く焦げている。

2008年10月16日 696.jpg

このヴィッラは戦争中に爆撃で家を失ったフラスカーティの街の人々を招いて住まわせた。その時に火災を出した部屋である。

ホテルになっているが、市の管理下で10年かけて修復されたのにはそういう貢献が関係しているのかもしれないと思った。
.
.
posted by iconologist at 12:48| Comment(0) | '08 カステッリ・ローマーニ地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月25日

ヴィッラ・グラヅィオーリ@フラスカーティ @

2008年10月10日 フラスカーティとカステル・ガンドルフォの間にあるPark Hotel Villa Grazioliはカステッリ・ローマーニ地方を廻るのだから一泊はヴィッラに泊まりたいというK姉さんのリクエストだった。

簡素な門がこれから現れるヴィッラを想像させる。私たちの好みに合うかもしれない。

2008年10月16日 659.jpg

常緑樹の暗い木立の向こうに塀があり、明るい木々が見えている。

2008年10月16日 679.jpg

低木の植えられた大きな鉢が並んでいる。右側は温室だったのだろうか? 鉄骨だけになっているけれど、苗などが置かれている。ガーデナーの作業場だ。

2008年10月16日 680.jpg

道はまっすぐ建物に通じている。開け放たれたドアの向こうに空が見える。

2008年10月16日 267.jpg

写真で見た建物よりすてき。ホテルはこの建物がメインで、客室は両側の庭に面した建物にもある。でも、遠くローマを眺めるにはどうしてもこの建物に泊まらなくてはならない。

選んだいちばん安い料金でコンファームされたのは庭に面した部屋だったが、メールでどうしてもローマが見たい!と書いたら変えてくれた。

部屋はとても小さかった。でも、窓を開けると広々とした平野が広がっていた。低い丘からの眺めはのどかだ。

2008年10月16日 254.jpg

屋根のタイルの愛らしいこと。

2008年10月16日 255.jpg

しかし、ローマがどこにあるのかはわからなかった。たぶん薄い水色に煙るあたりだろう。

このあと庭に出たので時系列的にはちょっと間が空くが、夕焼けの様子。

2008年10月16日 706.jpg

2008年10月16日 709.jpg

夕焼けは自然が描く水彩画。いつまで見ていても飽きない。

夜になると街の光が輝く。これもいつまでも眺めてしまう。

2008年10月16日 292.jpg

2008年10月16日 291.jpg

このホテルに泊まってほんとうに良かったと思う一夜限りの贅沢な時間。
.
.
posted by iconologist at 15:30| Comment(0) | '08 カステッリ・ローマーニ地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月24日

アルドブランディーニのヴィッラ A庭と水の劇場

2008年10月10日 アルドブランディーニのヴィッラの正面はただ広いだけで美しいものは何もない。

2008年10月16日 228.jpg

このヴィッラは現在、結婚式などのイヴェント会場として貸し出されていて、館内だけで300人、庭のテラスにテントを張ると1400人収容できる。その時のパーキングにはぴったりの場所といえる。

美しいものといえば左側の建物にからまる蔦の紅葉。

 2008年10月16日 248.jpg

2008年10月16日 247.jpg 

庭へは右側から入れるようだった。

フラスカーティでも飲んだら心地よいだろう、と思われる木の下のテーブル。

2008年10月16日 245.jpg

ここからも街の夜景が見晴らせただろう。

2008年10月16日 232.jpg

私でも居心地が良さそうに感じられたヴィッラの一画。

その横には由緒ありげな噴水があった。ベルニーニの作だという。ベルニーニ作と称する噴水は多いが、法王の命令ならデザインくらいはちゃっちゃとしただろう。

 2008年10月16日 233.jpg

誰のために置いたのか鉄製のブランコがある。木が茂る前はもっと明るい場所だったかもしれない。

しかし、庭には何もなかった。水の無い噴水。

2008年10月16日 238.jpg

ボックスウッドで囲まれたこの広い場所はハーブ園だったのだろうか?

2008年10月16日 237.jpg

しかし、こちらのページをみたら面白い写真があった。ボックスウッドでもクレメンス8世のエンブレム、星と×印が形作られていたのだ。よおく見ると、手前が星の残骸。左は×印がまだ残っている。

こんな庭かあ、とがっかりする。咲くのはアジサイばかりだったようだ。

2008年10月16日 240.jpg

太い曲がりくねった無骨な樹の向こうに建物が見える。

2008年10月16日 242.jpg

2008年10月16日 243.jpg

まあ素敵! 半分も見えないが、これが水の劇場と呼ばれる建物だ。

2008年10月16日 234.jpg

窪みに泉があるが、笛を吹くアポロンだろうか? フラスカーティの街はナチス・ドイツに占領されていたために爆撃を受け、多くのヴィッラが破壊された。その中でよく残ったと思う。

ヴィッラの裏側は表側より女性的な雰囲気だ。

2008年10月16日 235.jpg

正面が逆光で撮れなくてがっかりしていたが、裏がこんなに美しく撮れて感激。欠点の裏には利点があるって、こういうこと。

このテラスにテントを張って結婚式の披露宴をやったら素晴らしいだろう。もっと近寄りたかったけれど、赤いテープが張ってあってさすがの私も入れなかった。

アルドブランディーニのヴィッラ @正面とテラス
.
.
posted by iconologist at 13:26| Comment(0) | '08 カステッリ・ローマーニ地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アルドブランディーニのヴィッラ @正面とテラス

2008年10月10日 アルドブランディーニのヴィッラ(Villa Aldobrandini)はカステッリ・ロマーニ地方に残るヴィッラの中で最も大きなものである。フラスカーティの街の広場に面した門から撮った写真が多いが、残念ながら車を降りることができなかった。(このページが多くの写真が載っていて詳しい)

庭だけは見ることができるというので入り口を探していると、横の大きな門が開いていて簡単に入ることができた。

2008年10月16日 228.jpg

2段目のテラスはこれで右半分。リュウゼツランの鉢のあるところが中央で、両側にツゲの鉢が並ぶ。

2008年10月16日 250.jpg

遠くにローマの街が見えるのだろう。真下のフラスカーティの町でさえ霞んでいるから、どんなに高い場所にあるか解る。

このテラスの下にはもう一段のテラスがある。憩いのテラスというより広い道。

.

そして、両端で折り返して、急勾配の坂になる。

2008年10月16日 251.jpg

さびた門の前に巨大なボックスウッドみたいに四角く刈られた木がある。これが並木道でフラスカーティの街の広場に面した門に至る。

緑のトンネルはテラスの上からみるとこういう風に見える。

2008年10月16日 229.jpg

広場のオベリスクのなんと小さなこと。下界と上界の差が歴然としている。貴族は蟻んこのように見える庶民を見下ろしながら、自分たちだけ豪勢な生活をしてきて、21世紀になっても維持する金をたっぷり持っている。

この場所を選んで別荘を作ったのはヴォルテッラのお医者さんだが、豪勢な館に変わったのは16世紀末のこと、法王クレメンス8世がかわいがっていた甥っ子のイッポリート・アルドブランディーニ枢機卿にプレゼントしてからだ。

ヴィラの歴史をみると、法王が身内を超優遇して大富豪に育てていったことが良くわかる。庶民のお賽銭(爆)は川とは反対に上に流れていった。

野心家のイッポリート・アルドブランディー二は法王クレメンス8世のエンブレムをいたるところに残した。
2008年10月16日 246.jpg

星と×印の2種類。星は最近作られたテラコッタの鉢にもあるが、驚いたのは、ツゲの刈り込みもこの2つの形だということ。顕示欲の塊。

アルドブランディーニのヴィッラ A 庭と水の劇場
.
posted by iconologist at 11:00| Comment(0) | '08 カステッリ・ローマーニ地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
,
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。